犬が本来求める栄養素とドッグフード

食いつきの良いドッグフードってありそうでない…

 

ワンちゃんのために食いつきの良いドッグフードを買ってあげたい飼い主さんも多いと思います。私も実際そういう考えを持っていますしね。

 

食いつきが良いということはにおいも良好で、味も良いということですね。でもそのようなドッグフードって意外と見つからないんですよね。ワンちゃんもそれぞれ好みもあるでしょうし。

 

そして、食いつきが良いからと言って身体にいいとは限らないのが難しいところです。

 

香料などの添加物をバンバン使っていて、美味しく食べてくれるのはいいけれど身体への負担が心配…というドッグフードも多いでしょう。高ければ何でもいいというわけではありませんが、安いドッグフードは特に添加物をたくさん使っている可能性が高いわけです。

 

なるべく添加物は使用していないものが良いですね。そしてドッグフード選びの際の条件を考えていきましょう。

犬が本来求めている栄養素が入っているドッグフードを選びたい

ワンちゃんは今でこそ人間に飼われる事が普通になりましたが、かつては全てのワンちゃんが野生だったわけです。

 

野生時代の犬は本能的に自分が必要な栄養素のみを摂っていたといわれています。草食動物を餌にして、その草食動物の内臓まで食いちぎっていた時もかつてはあったわけです。
意外にもワンちゃんの先祖は肉食系の動物だったと言えます。そうなるとやはりタンパク質をしっかりと摂らせた方が良いといえます。

 

なるべく穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードも選びたいですね。高タンパク質でグレインフリーのドッグフードを選ぶと良いのかなって思います。

 

当然添加物は不使用の方が良いですしね。毎日のことですからしっかりと考えてあげないといけないですしね。ご自身の健康問題もそうですが、ワンちゃんもしっかりと健康でいて欲しいですよね。

そして美味しく食べれなければ意味がないわけです…

・高タンパク質
・グレインフリー
・添加物不使用

 

この辺の最低条件にプラスしてやはりおいしさも必要ですね。美味しくなければなかなかたべてくれないでしょうし、仮に食べてくれてもワンちゃんにとってはあまり食事の時間が楽しくないって感じてしまうかも。そうなるとストレスの原因になるかも…。

 

やはりワンちゃんのストレスが溜まらないようにしてあげたいですね。

 

そして品質管理などもしっかりしているのかという点も確かめた方が良いです。せっかく今の時代ネットでも簡単に情報を手に入れることも出来ますし、ドッグフードもネットで販売しているものも多いです。

 

一切妥協せずにいいドッグフードを選んであげないとワンちゃんも満足してくれないかと思いますので、飼い主として厳しい目でいいドッグフードを見つけてあげてくださいね。

 

それが飼い主としての役目だと私も飼い主として考えています。

 

 

>カナガンの公式通販情報、商品情報について(まとめ)<